暑いのが苦手なら、夏のキャンプ場選びは慎重に。。。。


スポンサードリンク

 

こんにちは。

今日も関東は35℃以上の猛暑日のようですね。
少し動いただけで汗がでてきます(>_<)

 

さて、今日は夏のキャンプ場選びについてのお話です。

 

実は、先日お世話になったキャンプ場『茨城・龍ケ崎市森林公園』のキャンプでいろいろと思うことがありまして。。

 

それは、暑い季節の夏キャンプを楽しむには、キャンプ場選びが超!重要だということ!!!

 

とくに暑いのが苦手な方は、慎重にキャンプ場を選ぶことをオススメします。笑

あ、暑いの大好き!暑くてもヘッチャラ!というパワフルな方は、どこでも大丈夫ですね!!(^-^)

 

 

暑いのがが苦手だと、、、

 

暑いだけでイライラしてくるし、暑くて眠れずに寝不足。。。さらにイライラする~~~、、、、、なんて負のスパイラルに陥ります。

 

たけしも暑いのが、すごく苦手なので、この気持ちがよく分かるんです(>_<)

暑いのってガマンできないんですよね~。

 

先日の龍ケ崎市森林公園のキャンプは、森林というだけあり木立に囲まれた林間サイトでした。

『林間サイトは日陰だし、涼しく過ごせるハズ♪(´▽`)』な~んて思っていましたが、、、

 

間違っていました。。。

 

 

そりゃ、日差しがサンサンと降り注ぐ場所よりは涼しいかもしれませんが、林間サイトは、湿気というか、なんというか

 

ムワァ~~~~~~~~~~っとした蒸し暑さがスゴかった!!

 

せっかく楽しいキャンプにきているのに、暑さにイライラしてしまっては、もったいないですよね。。。

 

 

スポンサードリンク

 

夏キャンプを涼しく過ごしたいなら、この2点を踏まえてキャンプ場を選ぶと
暑さに悩むことなく過ごせると思います。
a0007_002297

〇標高が高いところにあるキャンプ場


標高が100mあがると、気温が1℃下がるとか。

つまり、標高差500mなら、5℃も下がります!!

標高が高くて、日陰のあるサイトなら完璧ですね。笑

 

a0960_005519

〇川のそばにあるキャンプ場


川のそばにあるキャンプ場は、朝晩とっても涼しいです。
何年か前に行った『オートキャンプ長又』では、夜は寝袋がないと寒いくらいでした。
朝は、長袖を着ていたなぁ~。

 

 

スポンサードリンク

 

 

暑さが苦手なたけし一家も、今後の夏キャンプは、この2点に絞ってキャンプ場選びをしたいと思います。

『標高が高いキャンプ場』でネット検索するとたくさん出てきますね♪

8月はキャンプの予定がまだ入ってないけど、どこにしようかな~。

 

そうそう、標高が高いところにあるキャンプ場や川のそばにあるキャンプ場は

長袖を持っていったり、気温差に対応できる用意が必要です。

でないと風邪をひくことになりかねないので、くれぐれも準備をお忘れなく(^-^)

 

 

では、今日もありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村






当ブログの記事に共感いただいたら、また読みに来てください。皆様の応援が更新へのモチベーションになりますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m(検索「ミライスタイル -晴耕雨読-」で再訪可能です)