ブリオッシュ型使用。クリスマスのパン『パネトーネ』を作りました。


 

 

『パネトーネ』はイタリア・ミラノが発祥のパン。

昔はクリスマスシーズンに食べるパンでしたが、今はクリスマスに関係なく作られているそうですね~。

正式なものは、天然酵母パネトーネ種を使って作られます。

今回はインスタントドライイーストを使って作りました。

 
スポンサーリンク
[adsense]
 

レシピは島津睦子さんの『手作りパン工房』を参考に。

今までストレート法でしかパンを作ったことはなく、初めての『中種法』にドキドキです!

 


 

※ストレート法・・・・パンの生地の材料を一度にすべてこねて発酵させる方法。

※中種法・・・・生地をつくる前に、発酵種を作っておく方法。(種と本ごね、2回こねる)
ストレート法より作業時間はかかるけど、生地の発酵、水和が十分に行われる。

パンづくりの失敗と疑問をスッキリ解決する本』より


 

 

 

製法が違うと、味や食感、風味のでかたが変わってくるので、どうなるか楽しみ(^-^)

中種は発酵に時間がかかる(2~4時間)ので、起床後すぐに中種をつくりました。

 

ボウルの中で生地をたたいたり、こねたり。

こねあげ温度27度になったら、発酵へ。。。

 

発酵はボウルにラップをしてオーブンの中に入れておきました。(オーブンは温めません。)

imgp3808

(中種 発酵3時間後。小さな気泡が見えます。)

 

 

imgp3810
(中種 発酵4時間後。)

中種のなかに、本ごねの材料をいれて、こねます。

中種と本ごね用の材料をどう混ぜるのか、わからなかったのですが、

パンづくりの失敗と疑問をスッキリ解決する本』を見ながら作業しました(^ ^)

(写真付きで詳しく載っているので、助かりました。)

 

 

こねあがったら、ラム酒につけておいたドライフルーツを数回にわけて生地に混ぜて一次発酵へ。

img_3664
 

〇関連記事⇒クリスマス用のパンにたっぷり使いたい、ドライフルーツのラム酒漬けを作りました。

 

パン生地に対してドライフルーツの量が多くて、混ぜ込むのが大変でした。。(;´∀`)

混ぜても混ぜても、生地からドライフルーツがパラパラ落ちてくるという。。苦笑

なんとかドライフルーツを生地のなかに押し込めて(笑)発酵へ。

 

 

発酵後は分割、ベンチタイム。

丸め直して、型に入れます。

imgp3812

(一個あたり50gにしました。)

型はブリオッシュの型、8cm×10ウェーブのものを使用。

最終発酵後、オーブン175℃で23分焼成。

imgp3816

出来上がり!!!

(少し冷ました後、溶かしバターを塗って粉糖をかけました。)

ブリオッシュの型でパンを焼くとかわいいですね~(^-^)

 

 
スポンサーリンク
[adsense]
 

さっそく試食してみます♪

・・・いつもより生地がモチモチしている!!!??

中種法だから??

お、おいしい~~~~!!!(о´∀`о)

中種法は、発酵時間がストレート法より時間がかかるけど、この方法で他のパンも焼いてみたい。!!

ラム酒漬けのドライフルーツもたっぷり入っているので、フンワリ良い香り♪

imgp3817

 

クリスマスのパン、シュトーレンとパネトーネ、今年は二種類焼けたので満足です♪

 

〇関連記事⇒2016年のシュトーレン。初めて作ったシュトーレンの味は?

 

 

いよいよ明日はクリスマスイブ!!

皆様も楽しい一日をお過ごしください!!(^-^)

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA