子どもと一緒に作ろう!秋にぴったり!!どんぐりのリース


子どもが大好きなどんぐり。

今の時期、散歩や公園にいくとたくさん落ちていませんか?

我が家の子ども達もどんぐり拾いが大好きです。

毎日毎日拾ってきては、ダンボールの箱に貯めているので(冬眠に入る前のリスのよう。。)

今ではこんなに溜まりました。

image

子ども達は拾うことが楽しいらしく、拾ったあとはダンボールにいれて放置。。。。。

 

せっかくなので、このどんぐりを使って子どもと一緒にリースを作ってみました(^-^)

 
 
■DIYのログ小屋キットにご興味のある方は、こちらもご覧ください^o^↓

 
 

リースを作るのに必要なものは

〇どんぐり、落ち葉等、お好みで。

〇速乾ボンド

〇ダンボール

これだけです(^-^)

 

本格的なリースをつくる時は、グルーガンを使うことが多いのですが、

未就学児の場合、グルーガンは危なっかしくて使わせるのが怖いですよね。。。

速乾ボンドなら、安心して見ていられます(^-^)

 

 

ダンボールをドーナツ状にカットしたら、

ボンドをつけて、好きな位置に好きな素材をつけていきます。

image

ボンドは乾くと透明になるので、はみ出してしまっても、気にしない、気にしない。。。。。

image

あとは、ボンドが乾いたら、、、

image

完成です。

image

なかなか良い雰囲気♪

 

・・・作ってから、どんぐりを装飾にする場合、処理が必要なことを知りました。

 

そのまま工作に使用してしまうと、ゾウムシの幼虫が出てくることがあるそうです。

 

どんぐり拾いをしていると、どんぐりに丸い穴があいているものをみたことがあるのではないでしょうか。

 

あれは、幼虫がでたあとなんですって。。。

 

それを防ぐために、工作に使う場合は一度洗ってから、鍋で煮沸処理をするといいんだとか。

どんぐりの約3倍くらいの水をいれて、水が沸騰したらどんぐりをいれて2~5分ほど煮沸。

その後、ザルにあげて、日陰で2~3日乾かすといいそうです。

 

そのうち我が家のどんぐりリースから虫が大量発生するかも。。。。怖

皆様、お気をつけください。。。。

 
 
■DIYのログ小屋キットにご興味のある方は、こちらもご覧ください^o^↓

 
 

落ち葉やどんぐりのほかに、赤い実、枝を使うと華やかに。

自然の素材の他に、リボンや布をプラスするとゴージャスになりますね!!!(^-^)

さらに、どんぐりにアクリル絵の具やマニキュアで色をつけるという、オシャレな技も!!!

 

いろいろ加工して楽しめる どんぐりリース。

チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

特に、外に遊びにいけない雨の日の工作にぴったりです。笑

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村

 
 
■DIYのログ小屋キットにご興味のある方は、こちらもご覧ください^o^↓

 
 


・育児の最新記事

  • 積み木(小さな大工さん)とシルバニアファミリー(森のパン屋さん)

  • 幼稚園入園グッズ製作中。生地を購入するならコチラのショップが便利です!

  • 子育て中のママに。温かいお茶がすぐ飲める!家の中でも水筒が大活躍!

  • 子どもの寝冷え対策。布団からはみ出る身体を冷やさない工夫。

  • 『小さな大工さん』の積み木とブリオの木製レールで街づくり。

  • 薬嫌いな子どもに。粉薬を飲ませるのに便利なスプーン。

  • 子どもと一緒に!冷凍パイシートで簡単アップルパイ作り。

  • 年賀状にも。子どもと一緒に水墨画。

  • 親も子供も楽しめる『ウォーリーをさがせ!トラベルコレクション』病院の待ち時間や旅行先でも。

  • 子どもと一緒に楽しむ秋の散策。あると便利なものは、、、。

  • どんぐり拾いが2倍楽しくなる〇〇を見つけました!!

  • 子どもと一緒に作ろう!秋にぴったり!!どんぐりのリース

  • 子どもの寝かしつけのとき、一緒に寝てしまわない方法を模索中。

  • 子供の折り紙作品の保管について。子供が喜ぶ保管方法。

  • 積み木遊びに正解はありません。子供が思わず真剣になる「小さな大工さん」

  • 気分は建築家!?『小さな大工さん』の積み木で家づくり

  • 寝かしつけ失敗!?夜、子どもが寝ない原因は?

  • 天気が悪い日は、積み木遊び。『小さな大工さん』の積み木は飽きません。

  • 小さな大工さん 積み木の遊びかた(5歳の息子と2歳の娘の場合)

  • オススメ!遊び方は無限に!!『小さな大工さん』の積み木セット

  • 娘の急な発熱!『溶連菌感染症』。。症状・予防対策などについてまとめました

  • 子供との散歩が数倍楽しくなる!持ち物リスト。



  • 当ブログの記事に共感いただいたら、また読みに来てください。皆様の応援が更新へのモチベーションになりますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m(検索「ミライスタイル -晴耕雨読-」で再訪可能です)