【足がだるい】お悩みのあなたへ。寝る前に○○するとスッキリします!!


気温が高くなり、バスタイムをシャワーだけですます人も増えてきたと思います。

我が家も暑い日は、すぐに汗を流したくて

「シャワーでいっかぁ~♪」

なんて、簡単にすますことが多いです。

でも最近、なんだかふくらはぎが重い、、、、、、。だるい、、、、、。

足の裏からふくらはぎにかけて、手でもんでみても、あまり改善しない。

 

 

運動をしたわけでもないのに、ナゼ?と思っていました。

で、思いついたことは、

・湯船に浸かっていない。

・サンダルが多く靴下をはいていない。

・氷入りの冷たい飲み物ばかり飲んでいる。

知らず知らずのうちに、足を冷やしていまっていたのですね。

足のだるさは、血行をよくすると改善されることが多いといわれています。

 

血行をよくするためには効果的なのは、

〇体をあたためること

〇運動をして足の筋肉を動かす。(血流がよくなる。)

この2つ。

 

 

そこで、まず足を温めるために、足湯を試してみました!!

足湯なら、テレビを見ながら、本を読みながら、手軽に行うことができます(^^)

 

 

足湯のポイントは

・湯量

足首のくるぶしから、指3本分上までつかるようにしてください。

・湯の温度を一定に保つここと。

温度は少し熱めの42℃くらいがベスト。

ただし、心臓病・糖尿病・高血圧等の持病があるかたは38度ぐらいが良いそうです。

・一回の長さを長くするよりも、回数をおおく行うこと。

・足湯のあとは、足首まわしして、足の緊張をほぐしてあげること。
足湯に使うオケは専用のものが売っていますが、家にあった無印良品のバケツを使用。

大きすぎず、ちょうどいい深さです。

バケツ

このバケツにお湯をいれて、、、

足をつけると、、、、、、

 

足からじんわりあったまる感じがすごい気持ちいい!!!

気がついていないだけで、体(足)は冷えていたんだなぁ、、、。

 

 

足のだるさを感じているなら、寝る前に足湯をしてみると、だいぶ違うかもしれません。

ただし、足のだるさの中に、怖い病気が潜んでいることもあるので、痛みやしびれがある場合は医者に診てもらったほうが良いでしょう。

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村

発光美肌へ 米肌


・日常の最新記事

  • すぐに食べれるオツマミはキャンプにピッタリ!自家製ドライトマトのオリーブオイル漬け。

  • お気に入りのコーヒーを持ってドライブに行こう。ドライブ中のコーヒーを楽しむためのグッズとは。

  • 干し野菜のバルサミコマリネ(干し里芋&干しかぼちゃ)

  • 干し野菜(セミドライ)を使ったきりたんぽ鍋

  • おせちのお煮しめ用に。干ししいたけ作り。

  • 食材をカットして干すだけ!干し野菜生活続けています。(金柑、エリンギ、椎茸、○○〇の種)

  • 無農薬だから安心。皮まで食べられる三ケ日みかんを楽天で購入しました。

  • 甘くて栄養たっぷり!干しきんかんの作り方。

  • 冬のオヤツに最適!!簡単にできる!自家製干し芋(ほしいも)

  • 乾燥して天気が良い冬の楽しみに。『干し野菜百科』で干し柿作りにチャレンジ。

  • 南部鉄器 岩鋳 すき焼き・餃子鍋はアイデア次第でどんな使い方も。

  • 旨味凝縮!野菜の皮を天日干し。

  • スマホ写真を大量プリント。『しまうまプリント』を試してみました。

  • 家でも外でも!!湯たんぽ生活始めませんか?

  • 旨味が増して日持ちする、簡単干しナスを作りました。

  • 乱雑になりがちなパン作りに使う材料の収納整理

  • 床が冷たい朝晩に。キャンプで使う〇〇がラグ代わりになる!?

  • サーモス 水筒のお手入れ。茶渋汚れも簡単スッキリ!!

  • ニンニクの長期保存 オリーブオイル漬けにチャレンジ。

  • 家庭菜園 今年も豊作!食べきれない分は干し野菜へ。

  • 【足がだるい】お悩みのあなたへ。寝る前に○○するとスッキリします!!

  • 早朝ウォーキングのメリット。パンを美味しく食べるために早朝ウォーキング。

  • 楽しくて美味しい。節約できてママがラク。休日の夕食について。

  • 一生大事に使いたい。我が家のステンレス製品(工房アイザワ、本間製作所、ス

  • 小さい子どもと一緒にクッキー作り。楽しむコツは○○〇を使わないことです。

  • 楽天でみかん箱買い! 美味しく食べきるための保存方法



  • 当ブログの記事に共感いただいたら、また読みに来てください。皆様の応援が更新へのモチベーションになりますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m(検索「ミライスタイル -晴耕雨読-」で再訪可能です)