コーヒーの『お湯のそそぎ方』にこだわりたい方に。ユニフレーム キャンプケトルがオススメ。


こんにちは。

最近、朝のコーヒーは温かいものが美味しく感じるようになってきた たけしです(^-^)

朝晩涼しくなってきて、、、、秋ですね~~~~~。

 

 

スポンサードリンク
[adsense]

 

さて、今日はコーヒーのドリップケトルについてのお話です。

コーヒー専用のドリップケトルといえば、注ぎ口が細いドリップケトルが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

 

 

 

我が家でコーヒーを淹れる時に使っているケトルは、、、、

ユニフレーム キャンプケトル です!!!

 

えぇーーーーーーーーーーーー!?と思った方も多いと思います・・。(´・ω・`)
では、実際にコーヒーを淹れてみましょう!!

毎回キャンプにも持っていく、コーヒーを淹れるのに使う道具たち。(^-^)

ポーレックス 手挽きコーヒーミル

ユニフレーム コーヒーバネット

 

先日、購入したコーヒー豆を使います(^-^)

同じ種類のコーヒー豆ですが、焙煎を”シティロースト”と”フルシティロースト”にしてもらいました。

コーヒーは焙煎によって味が変わるそうですね。

その違いを試してみたくて焙煎を変えてみました。

 

 

 

 

豆をミルで挽いて、カップに入れたら、お湯を注ぎます。


(いい匂い。)

 

 

 


(少しお湯を注いで蒸らし中。モコモコ・・)

 

一般的に、コーヒーに湯を落とす時は、細くほそ~く、「の」の字を書くようにお湯を落とします。

でも、この『細く湯を落とす』作業ですが、なかなか普通のやかんでは難しい。(ドバっとでてしまいます。。。)

 

そこで、細くお湯を落とせるドリップケトルが必要になってくるのですが、

ユニフレームのキャンプケトルは、ドリップケトルのように、お湯の量を調節しながら湯を落とすことができるんです!!

 

この無骨な姿からは想像もできませんが、やろうと思えば、しずく状にして落とすことも可能なんですよ。(^-^)


(左手でケトル、右手でカメラ。。。キッツ 苦笑)

キャンプケトルは、焚き火での使用中に灰が入らないように、注ぎ口のところに蓋がついているのですが

この蓋があるおかげで、湯を細く落とすことができるんですね。

 


出典:ユニフレーム

我が家ではもっぱらガス火、IHでの利用なので、まだ本体がピカピカですが、焚き火で利用するとススがついて黒くなっていくんだとか。

ススがついたケトルも渋くてカッコイイですね!!

次回のキャンプで焚き火デビューしてみたいと思います(^-^)

 

そうそう、ひとつだけ注意しなければならないこと。

それは、キャンプケトルは全体がステンレスなので、火にかけると、取っ手部分もめちゃくちゃ熱くなります。

掴むときはミトンやタオル必須ですね。

急いでいる時は注意が必要かもしれません。(ついつい素手で掴んでしまいそうになる。。苦笑)

スポンサードリンク
[adsense]

 

 

以上、コーヒーを淹れる時にオススメしたいケトルのお話でした(^-^)

 

今回、写真に出てきたコーヒー豆はFRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店のもの。

我が家の近くに実店舗があるのでそこで購入してます(^-^)

コーヒー豆を注文してから、好みの焙煎に仕上げてくれるので、同じ豆を焙煎違いで飲み比べができたりします(^-^)

 

 

キャンプ場で飲むコーヒーは格別に美味しいですよね。

コーヒー豆や道具にこだわってみると、もっと豊かなコーヒータイムが過ごせるかも・・・(^-^)

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA