カリッモチフワ~なピザ生地を作りたいなら中力粉がオススメ!我が家で定番のピザ生地(中力粉+コーングリッツ)


子どもから大人まで、みんなが大好きなピザ(^-^)

お店で注文して食べるピザも美味しいけど、

家庭で生地から手作りして、好きなソース、具をトッピングしてつくるピザは楽しいし、
とっても美味しい!ですよね(^-^)

我が家でも、ひと月に一回はピザを焼いてピザパーティーをしています(^-^)

冷蔵庫の中身が寂しいときは、マヨソース+ツナ缶フ+チーズだけ、、、、なんてことも。

 

ある意味、節約メニューにもなっています。苦笑

 

[adsense]

 
トッピングするものによって、豪華にも節約メニュー的なもの(笑)にもなるピザですが、

ピザの生地はどんなタイプが好きですか?

 

カリカリのクリスピータイプ?

フワフワのフンワリタイプ?

それとも、モチフワタイプ?笑

結構人によって、好みが分かれますよね。

 

我が家でお気に入りのピザ生地は、カリッモチフワ~タイプです!!笑

 

以前はフランスパン用の強力粉を使って、カリカリタイプの生地をつくっていましたが、

焼いてから時間がたつと、なんだか生地が固くなってしまって、

食べていると歯茎が痛い。。。苦笑

 

そこで、もっと食べやすくてモチフワ、、、しかもカリっとするタイプの生地を作りたいなぁ~と考えていたときに、
目にとまったのが中力粉とコーングリッツ

 

我が家にある中力粉。
以前、フランスパン用粉と間違えて注文してしまったもの。

コーングリッツは、一時期、イングリッシュマフィン作りに夢中だった時の残り。(ひと袋の分量が多くてなかなか減らない)

中力粉は、どのように使おうか(うどんを打つ?)考えてはいたものの、使うことなくしまったまま、、、、、。

この中力粉とコーングリッツを使ってピザ生地を作ったら、どんな生地になるか。。。。?

試してみたら、これがカリッモチフワ生地で、家族に好評でした!!!!

 

焼いて時間がたったものでも固くなることなくモチフワ感が続くのも嬉しいポイント。

IMGP4274

 

コーングリッツは生地に混ぜ込むのではなく、外側にまぶす感じで使用します

 

 

 

では、材料と作り方はコチラ。

【材料 約20cmのピザ生地3枚分】

〇中力粉・・・・・・・・300g

〇ドライイースト・・・・6g

〇塩・・・・・・・・・・5g

〇砂糖・・・・・・・・・6g

〇こしょう・・・・・・・少々

〇オリーブオイル・・・・大さじ1

〇ぬるま湯(35℃くらい)・・・・・・・190g

〇コーングリッツ・・・・適当

※ドライイーストはピザ生地用のものを使用しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

safインスタントドライイースト緑(ピザ用)125g
価格:475円(税込、送料別) (2017/4/26時点)

・コーングリッツ以外、すべてひとつのボウルにいれて混ぜ、ひとまとまりになったら、こね台にだして、生地の表面がなめらかで光沢がでてくるまで混ぜます。

 

・一次発酵後、生地を3等分して、濡れた布巾をかけて15分ほどベンチタイム。

IMGP4266 (1)

 

・ベンチタイム後、成形。生地をまる~く伸ばします。
この時、打ち粉のかわりにコーングリッツを使います。

IMGP4267 (1)

 

・好きなソース、具をのせてトッピング。

 

・オーブン180℃で10~15分焼きます。(ご家庭のオーブンに合わせて温度を調節してください。)

IMGP4268

リンナイのガスオーブンは一度に3枚のピザ生地が焼けて便利です(^-^)

 

[adsense]

 

ピザ生地にまぶしているコーングリッツが、カリッとして、生地はフワモチ~(^-^)
いくらでも食べられそうな美味しさです!!!

お子様のオヤツやホームパーティー時にいかがでしょうか。

中力粉やコーングリッツの消費に悩んでいる方にもオススメですよ〜(^-^)

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA