母子キャンプ 【つくばねオートキャンプ場】 フリーサイト


『つくばねオートキャンプ場』に行ってきました。

久しぶりの母子キャンプ、2回目です(^ ^)

IMGP4291

【石岡市つくばねオートキャンプ場】

住所:〒315-0155
茨城県石岡市小幡2132-14

 

 

『石岡市つくばねオートキャンプ場』は、我が家から、約1時間ほどで行けるキャンプ場で、しかもフリーサイトなら、サイト代が2100円というお値段!!

ずっと気になっていたキャンプ場でした(^-^)

日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】でも、クチコミ★4つ以上のクチコミで高評価のキャンプ場となっています(^-^)

人気があるので、すでに数ヶ月先の土日は予約でいっぱい。。。。。

 

今年の秋ごろ、予約が取れたらいいな〜と考えていましたが、

たまたま先週の金曜日、子どもが通う小学校が代休でお休み、

下の子の幼稚園が午前中で終了だったので、「行くしかない!」と。笑

平日なら予約が取りやすく、急遽母子キャンプをすることになったのでした。

 

 

 

当日は午前中に、近所のスーパーへ食材買出し、夫の夜ご飯を用意、

車にキャンプ用品詰め込み、11時に幼稚園へ行き娘をお迎え、

そのままキャンプ場へ向かいました。。。。

 

IMGP4275
13時到着~。

 

IMGP4276

管理棟。
ここで受付を行います。

チェックインの時間は14時ですが、アーリーチェックイン代を払って一時間早くチェックイン(^-^)

(アーリーチェックインは1時間175円でした。)

 

受付時に、「国民宿舎つくばね」の日帰り入浴割引券を頂きました。

「つくばねオートキャンプ場」の近くに「国民宿舎つくばね」があるので(徒歩3~5分くらい?)今回はここの日帰り入浴を利用しました(^-^)

 

「国民宿舎つくばね」の日帰り入浴 利用時間は、夜16:30~21:00まで(最終受付は20:30まで)
※週末・連休中は18:00以降 20:00頃は混むのでなるべく避けてください、とのこと。
朝は7:00~8:30まで(最終受付8:00まで)

他に、「温泉ゆりの郷」がありますが、こちらは割引券ナシです。

 

 

 

IMGP4286

フリーサイト

管理棟の横にあります。

 

IMG_4224

フリーサイト内にはブランコがあります。(炊事場+バーベキューの隣)

 

IMGP4288

IMGP4284

(ブランコからフリーサイトを眺めています)

フリーサイトの中央部分は芝が生えていますが、

テントを設置しやすい端の部分は芝がなく土がむき出しになっています。

 

雨が降った翌日や、雨あがりは、サイトがぬかるむ可能性があるのでテント下に敷くグランドシートは忘れずに。。。。

IMGP4286

前日にネットでキャンプ場の情報収集をしていた時は、ブランコ脇にテントを設置しようかと考えていたのですが、

先客がいたので、写真右側の桜の木の下にテントとタープを張りました。
IMG_4199
設置していたときは気がつきませんでしたが、桜の木の後ろに、街灯があったんですねーー(;´∀`)

この街灯、夜はランタンがいらないくらい一晩中煌々と明るかったので、

暗闇を楽しみたい方は、なるべく街灯から遠い場所を選ぶ良いと思います(^-^)

 

オートサイトはフリーサイトより低い位置にあります。
IMGP4277
フリーサイトの四阿横からオートサイトを眺めています。。

IMGP4283
広場。写真ではそうは見えませんが、ものすごい急勾配です。。。。。

普段あまり運動をしないので、一度上り下りしただけで、息切れが!!!
(翌日、筋肉痛になりました。。。)

広場には、子どもが喜びそうな遊具がいくつかあります。
IMG_4208
IMG_4210
IMG_4213

素敵なトンネルも、、。

IMG_4202

 

管理棟の売店で購入した飛行機。
IMG_4203

広場で飛ばして遊びました(^-^)

折り紙や紙をもっていって、飛行機をつくって家族で紙飛行機大会をやっても面白そうですね!

 

IMG_4218

夕方、雲の切れ間からきれいな空が見えました(^-^)

 

 

夕方、「国民宿舎つくばね」で入浴後、サイトに戻って夜ごはん。

イワタニ カセットガス炉ばた焼き器「炙りや」』で

豚肉、大量のソーセージ、チキチキボーンを焼くだけ、という簡単ごはん。苦笑

 

キャンプ場にいく途中に、夕食用のおにぎりとサラダを購入しておこうと思っていたのに忘れたため、

炭水化物、野菜ナシという、肉まみれの夕食になりました。。。。。。

でもまぁ、外で食べれば、肉しかなくても美味しい!!満足!涙

 

 

18時頃から気温がグッとさがり、冬物のダウンコートを着ても寒くて。。

夕食後のデザートにしようとつめた~く冷やしておいたゼリーを食べると、体の芯から冷たくなり(たべなきゃいいのに。。)

お酒の代わりに飲もうと、クーラーボックスでキンキンに冷やしておいた炭酸水は飲む気にならず(あったかい日本酒が飲みたい!)

夕食後は早めにテントに入って子どもとオセロ大会!

 

※オセロを携帯するなら、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大回転オセロミニ
価格:907円(税込、送料別) (2017/4/22時点)

 

これが便利です(^ ^)

盤に黒白の石が内蔵されているので、石を無くす心配がありません。

 

 

 

『つくばねオートキャンプ場』は標高約300メートル。

標高が100メートルあがるごとに気温は1℃下がるので、夜はすごく寒かったです。

 

テントの中は、銀マットとキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマットを敷いて、

その上にモンベル (montbell mont-bell) ファミリーバッグ #1 シュラフを4個使用。

テントの中では暖かく過ごせました。(^-^)

 

 

朝はウグイスの声とカラスの声で目が覚めました。

カラスが数匹近くを飛んでいたので、ゴミや夕食の食べ残し等は、テントや車のなかにしまっておくと、カラスに荒らされずにすみます。(^ ^)

 

簡単な朝食を食べて、早めに撤収作業。

10時にチェックアウトして、家に帰りました。

 

 

 

2回目の母子キャンプは、久しぶりすぎて、タープとテントの張り方を忘れてしまったり、

テント用のペグを忘れたり(管理人さんにお借りしましたm(__)m)

夕食用のおにぎり、サラダを買い忘れたり、、、

 

・・いろいろハプニングはあったけど、楽しかった!!(^ ^)

また行きたいなぁ〜。

 

 

『つくばねオートキャンプ場』はトイレや炊事場がとても綺麗に管理されているので、初めてキャンプに行く人でも、安心できるキャンプ場だと思います。

スタッフの方も皆、親切です(^ ^)

イベントが開催される日もあるので、気になる方はHPをチェックしてみて下さいね(^ ^)

◯『つくばねオートキャンプ場

では、今日もありがとうございました。




当ブログの記事に共感いただいたら、また読みに来てください。皆様の応援が更新へのモチベーションになりますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m(検索「ミライスタイル -晴耕雨読-」で再訪可能です)