おせちのお煮しめ用に。干ししいたけ作り。


 

 

おせちのお煮しめに欠かせない、干ししいたけ。

 

お煮しめに入れると美味しいだけでなく、干ししいたけの黒色(茶色?)、人参の赤、里芋の色、、、彩り豊かになり、見た目が華やかになりますね。

 

しいたけはカットして干したほうが、水分が飛ぶのが早いため、普段は細かくカットして干していましたが、

お正月のお煮しめには、細かくカットしたしいたけではなくて、まるごと使いたい。。。

a0790_000713

 

 

 

そこで、丸ごと干ししいたけ    を作ってみました。

 

干ししいたけ作りは、大変そうに思えますが、実はとっても簡単なんです!

 

天気がいい日に干しカゴ、ザルにいれて日に当てるだけ。。。。(^ ^)

干すときは、しいたけのかさの裏を上にむけて、重ならないように並べます。

週間天気予報をチェックしておくと良いでしょう。

今の時期だと、天気が良ければ3~6日で出来上がります。

少し時間はかかるけど、自分で干したしいたけの味は格別です!!(^ ^)

 

 

 

おせちのお煮しめはもちろん、炒め物やきのこのシチュー、味噌汁にも。。。

少しいれるだけで、味がぐっと美味しくなる干し椎茸は、常備しておくと重宝しますよ。

 

 

干してみました!
【一日目】

imgp3705

(風が強かったので、室内・日当たりがいい場所で。)

風が強いと、細かいゴミが付着したり、飛ばされてしまうので、室内が良いと思います。

 

 

【二日目】

imgp3712
(室内干しでも、だいぶカラカラになってきました。)

2日目は天気が良く、風もなかったので、外に出しました。

触るとまだカサの部分がしんなりしていたので、まだまだ時間が必要です。

陽が落ちたら、室内に取り込みます。

 

 

【三日目】

imgp3714
(一日目と比べると、だいぶ小さくなりました。)

もうそろそろ良さそうです(^-^)

触るとカサカサで硬くなっています。

 

保管方法は、ジップロックのような袋や、瓶にいれて常温保存で2か月ほど持ちます。

調理に使う時は、ボウルにぬるま湯と砂糖を少し入れたものに数十分後つけて、柔らかくなってから使います。

この戻し汁は、煮物や味噌汁に使うと美味しいので、捨てずに使ってみてください(^ ^)

 

 

 

 

干し椎茸は、長いあいだ保存できるので、きのこが旬の今、たくさん作っておくと良いですね。

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村






当ブログの記事に共感いただいたら、また読みに来てください。皆様の応援が更新へのモチベーションになりますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m(検索「ミライスタイル -晴耕雨読-」で再訪可能です)