冬のオヤツに最適!!簡単にできる!自家製干し芋(ほしいも)


 

毎年、冬になると、スーパーの店頭に干し芋が並び始めます。

 

干し芋。

 

美味しいですよねーー(^-^)

我が家では、干し芋をオーブンで少し焼いて、焦げ目をつけて食べています(^-^)干し芋の端がカリカリして、、、、甘くて香ばしい~~~!!!

 

子どもたちもオヤツにもぴったり。
さつまいもなので、お腹もふくれるし、何より健康的なオヤツです。

 

けれど、スーパーで売っている干し芋一袋の量では、もの足りないくないですか?
干し芋は、子どもたちも大好きなので、すぐ完食してしまうんですよね。。。(食べ過ぎ?笑)

 

干し芋をもっと、もっと食べたい~~~~!!!

 

そんな時は、自宅で作ってみてはいかがでしょうか。

 

[adsense]

 

干し芋を作るのに必要なものは、

さつまいも、日光、風、あとは、鍋、干しカゴです。

 

我が家では、さつまいもを焼くのにダッチオーブンを使用しています。(最近、ダッチオーブンが焼き芋製造機と化している。。。笑)

このダッチオーブンでさつまいもを焼くとねっとりした焼き芋になるんです(^-^)

 

〇関連記事⇒・無印良品 ダッチオーブンを使って焼き芋作り

 

 

干しカゴがわりに、オーブン用の網と天板を使っています。
imgp3619

こういった網でも干せることは干せますが、カットした大きさが小さいと網の隙間から落ちてしまうので、

竹であんだ干しかごや、吊るすタイプの干しカゴがあると便利かもしれません。

専用の干しかごなら、虫がつくのを防げたり、風がつよい日も干し野菜が飛ばされる心配もありません。

 

 

 

まず、さつまいもをダッチオーブンで焼きます。

ネットリした焼き芋にするために、蓋をして、弱火でじっくり、焦げないように時々転がします。

 

竹串をさつまいもに刺してみて、スッと刺さったら、さつまいもを鍋から取り出して、、、、

imgp3625

皮をむきます。

包丁を使わなくても、手で剥くことができます。

ただし、ヤケドに注意!少し冷ましてから行うとやりやすいです。

imgp3628

 

 

皮をむいたら、包丁で5mm~7mmくらいの太さにカットします。

包丁を水で濡らしながらカットすると、形が崩れにくいです。

 

 

あとは、これを網に並べて、太陽の光に当てるだけ。。。。

imgp3631

 

 

2日間干したもの。

imgp3632

だいぶ表面が乾燥して、手で触ってもベタベタしなくなりました。

 

[adsense]

 

 

自分で作った分、美味しさもひとしお。

家族が喜んで食べてくれると、さらに嬉しいですよね(^-^)

晴れの日が続くような時に作ってみてはいかがでしょうか。

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA