母子キャンプデビュー!!『つくば市茎崎こもれび六斗の森』②


母子キャンプデビュー!!『つくば市茎崎こもれび六斗の森』①
の続きです。

 

 

再びキャンプ場に戻って、夜ごはん。

 

母子キャンプの時に一番ネックになるのは、食事作りだと思います。

 

子どもをみながら、炭をおこしてバーベキュー、、、なんて、考えただけで大変そう。。。

 

炭をおこしている最中でも、子どもに

「トイレ行きたい。」

なんて言われたら、一度中断しなければならないし。。。

 

火をつけっぱなしにして、サイトを離れるのも不安。

 

ウロウロ動く子ども達をみながらの食事作りは

多分、調理が進まなくて、ものすごくイライラしてしまいそう。

 

そういう事態を防ぐために、

今回はお弁当を作ってきました。

 

『レイクサイドつくば』から戻ってきたら、日も落ちてだいぶ薄暗くなっていたので

お弁当にして、本当によかったです(^O^)

子どもが小さいうちは、お弁当や外食にすると、気がラクかもしれません。

 

 

 

このころには、辺りは真っ暗。。。。。

 

image

 

 
テントサイトから管理棟を眺めたところ

キャンプ場には街灯がポツポツ立っていますが、かなり暗い。

管理人さんがいる時は、管理棟、炊事場などの電気がついているので、ここまで暗くありません。

 

こんなに暗いと、トイレにいくのが、、、

 

 

怖い。

 

 

トイレはバーベキュー場の裏側なので、そこまで歩いていかなければなりません。。。。

できれば、明日の朝、明るくなる時間までトイレに行きたくなかったけれど、子ども二人いるとそんなわけにも行きません(;▽;)

 
懐中電灯とランタンを持って、怖がる子どもをつれて、いざトイレへ。

「怖くないよ~大丈夫だよーーーー。」

なんて言いながら、どんどん早歩きになって行きます。笑
 

トイレに行ったあと、テントに戻ってきてから、トイレにタオルを忘れるということに気がつきました。

 

ここぞ、という場面で必ずなにかやらかすという、自分のこういうトコロがつくづくイヤになります(;▽;)

 

トイレに忘れたタオルをとってくる、という肝試しをやろうと息子に提案してみましたが、あっさり却下されました。(大人でも怖いもん)

 

タオルは明日の朝にとりにいくことにして、

早めに就寝。笑

 

子どもが「帰りたい。」と愚図ることもなく、無事、夜があけました。

 

 

 

キャンプ場では、なぜか早く目がさめます。

image

明るい(;_;)

太陽の光がこんなにありがたく感じるなんて。

image

なんてことはないインスタントコーヒーだけど、自然のなかで飲むと美味しく感じるのが不思議です♪

 

昨夜トイレに置き忘れたタオルも無事回収できました。

image

簡単な朝食をとったあとは、早めに撤収作業。

8時には車に荷物を積み終わって、駐車場隣にある遊具で遊んだり、虫取りをしたり、、、。

9時には管理人さんが来たので、挨拶して帰ってきました。

 

 

初の母子キャンプ、無事終了!

行く前は、あれやこれやと考えてしまいがちですが、一泊ぐらいなら、なんとかなる!(^-^)

これからの季節、虫も少なくなってキャンプが楽しい季節なので

バンバン、母子キャンプに出かけようと思います♪(ファミリーキャンプも)

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村




 




当ブログの記事に共感いただいたら、また読みに来てください。皆様の応援が更新へのモチベーションになりますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m(検索「ミライスタイル -晴耕雨読-」で再訪可能です)