母子キャンプデビュー!!『つくば市茎崎こもれび六斗の森』①


今日のつくばみらい市は朝からずっと雨、雨、雨。。。。。

今週は曇り空が多いみたいですね。

我が家は夫と息子が風邪気味です(>_<)

皆様も体調を崩さないようにお気をつけください。

 

さて、先週末、初めて母子キャンプをしてきました!♪(≧∇≦)

夏も家族でキャンプに行きたかったのですが、なかなか家族の予定があわなくて行けずじまい。

 

予定が合わないので、母子で行ってみてもいいかと夫に提案してみたら

 

すんなりOK!!(^o^)

 

そんなワケで、念願のキャンプにいくことができました。

 

今回のキャンプ場は、『つくば市茎崎こもれび六斗の森』

実は私の実家からとても近く、小学生の時は、夏休みの子供会の行事で訪れたこともあって、私にとって懐かしいキャンプ場です。
image

 

初の母子キャンプに、このキャンプ場を選んだ理由は4つ。

 

〇家から近い。

キャンプ場が家から近いと、子どもが「帰りたい。。。」とグズった場合、すぐに帰れる。

 

〇以前行ったことがある。

今年の夏休みにお友達家族と一泊したことがあるので(このときはキャビン泊)キャンプ場の勝手がわかっている。

 

〇駐車場とサイトが近い。

サイトの隣に駐車場があるので、テントを張る位置にもよりますが、ほぼオートキャンプ状態になること。

荷物を運ぶために子どもを連れて、車とサイトを何往復もするのは大変です。

 

〇安い。

テント一張 310円、施設利用料 一人210円。今回の合計は940円!!!!

天気がよかったので、タープは張りませんでした。

 

 

キャンプ当日は、息子が幼稚園から帰ってきてから出発!

夫には、スペシャルな晩酌セットを用意して、留守番を頼みます(^ ^)

 

家からキャンプ場までは、車で20分ほどの距離なので、移動は楽チン♪

 

 

キャンプ場の受付はキャンプ場の向かいにある中泉建設さんで行います。

受付の方が、

「今日は管理人がいないのですが、、、大丈夫ですか?」

 

数日前に予約をしておかないと、管理人さんがいない場合があるようです。

当日朝に予約を入れたので、それはもちろん了承済みです。(^_^)

 

 

受付を済ませて、キャンプ場に移ったらテント設営。
image
だーーれもいません。

 

このときは「貸し切り状態だー♪」と子供達と喜んだのですが、

夜になってから後悔することに、、、。

image

テント設営が終わったら、キャンプ場の散策。

image

蚊や体にまとわりついてくる虫がすごく多くて、。まだまだ虫よけと蚊取り線香はかかせません。

この階段を下っていくと、牛久沼が見えてきます。

 

 

バーベキュー場

image

前回、夏休み中に行った時は、グループが何組もいてにぎわっていました。

場内の設備は、若干古い感じもしますが、どこも綺麗に掃除されています。

 

管理棟。
image
普段はとっても親切な管理人さんがいます♪

 

 

 

場内をぶらぶらしていたら、もう夕方。

日が暮れる前に、お風呂に入るため『レイクサイド つくば』に移動しました。

image

『こもれび六斗の森』はコインシャワーやお風呂がないので

車で15分ほど離れた場所にある『レイクサイドつくば』の日帰り入浴がオススメです。

ここは、子供のころ何度かプールに遊びにきたことがあるのですが、懐かしいな〜(^ ^)

 

日帰り入浴の料金は

平日 大人900円(土日祝は1000円)小学生は700円(土日祝は800円)幼児は無料。

展望大浴場と露天風呂、2つのお風呂が楽しめます。

 

ただし、展望大浴場(2階)と露天風呂(B1階)は離れているので、

2つのお風呂に入ろうと思ったら、一度服を着て移動しなければいけません。。

 

今回は露天風呂(天然温泉)だけ、ゆーーっくりはいってきました。

 

お湯の温度も丁度良く、
牛久沼や月を眺めながらのお風呂は開放感バツグンで気持ちよかったのですが、

 

無数の茶色い藻のようなものがフワフワとお湯の中に漂っていたのが気になりました。。

湯の花?なのかな。。。。(>_<)

そうだったらいいな。笑

 

脱衣室はとっても綺麗に掃除されていて、クレンジング、洗顔料、化粧水等のアメニティグッズも備え付けられていました。

 

女子にとっては、こういうセットが置いてあると、ポイント高いですよね(^ ^)

 

 

・・・長くなりそうなので、続きます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 




当ブログの記事に共感いただいたら、また読みに来てください。皆様の応援が更新へのモチベーションになりますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m(検索「ミライスタイル -晴耕雨読-」で再訪可能です)