パニック障害の薬の減薬について


[adsense]

パニック障害の症状が8割がた回復してきたのか

薬を飲むことを忘れる事が多くなりました。

 

主治医によると、薬を飲むのを忘れるのは回復の典型的兆候との事。

 

私の場合、半夏厚朴湯2.5g、ロラゼパム1mgを1日3回と

寝る前に睡眠薬代わりにセニラン2mg、リフレックス15mg、レクサプロ10mgを処方されています。

 

この中で、症状改善に最も寄与してくれたのがロラゼパムでした。

そのため半夏厚朴湯を飲み忘れる事が多くなりました。

 

主治医に相談すると、飲み忘れた薬をそのまま減薬に持っていくパターンも多いとの事で

このたび、半夏厚朴湯を減薬する事になりました!

 

減薬のによる作用はまだわかりませんが、

飲み忘れたときに特に不安を感じる事がなかったので

おそらく安心しても良いということなのだと思います。

 

減薬は必ず医師との相談の上行ってください

今回は、偶然というか自然な形で主治医に相談しての減薬になるのでさほど心配はしていません

以前、リフレックスとブロチゾラムを睡眠薬代わりに使っていたときに

ブロチゾラムだけ切らしてしまった事があります。

この夜、強い発作に襲われました。

 

次の日主治医に聞いてみると

片方だけ抜くと強い離脱症状が出る事はとても良くある事だそうです。

 

それ以来、自分が減薬する事になったら必ず主治医に相談する事を決めていました。

 

片方だけ切らしてしまったときの離脱症状が激しかったので

教訓として、『薬の変更、減薬、増量は医師と相談する』のが良いようです。

 

私のケースが参考になるかはわかりませんが、参考にしてみてください。

〇我が家の必須アイテム
眠れない夜は長い。ぐっすり眠りたい人にオススメの音楽。

 



 

[adsense]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA