家庭菜園 プランツノートを作りました


image

どこに何を植えたか忘れないようにプランツノートを作りました(^ν^)

野菜は同じ場所で続けて作ることができません。同じ場所で作ってしまうと土の栄養バランスが悪くなってしまったり、その野菜がかかりやすい病気の菌が増えてしまうです。(連作障害といいます。)

ちなみに、ナスやエンドウ豆は5年は同じ場所に植えることが出来ません。5年って結構長いですよね…(´Д` )

連作障害を防ぐために、野菜づくりの本に「輪作」をするように書いてありました。輪作とは、畑をいくつかに区分けして一年ごとに野菜をローテーションして育てていくことです。

この方法だと、最初に上手く野菜を配置すれば、次の年はローテーションしていくだけなので、植える場所に悩まずにすみますね(^ν^)ただし、野菜には相性の良し悪しがあるので、最初は野菜づくりの本を参考にしながら配置を決めると良いでしょう。

ちなみに我が家の菜園は、何も考えずに苗を植えたので、ミニトマトの苗の隣にナスが植えてあります。(=ω=;)

本によるとトマトとナスは相性が悪いようです(´Д` )最近、ナスの葉っぱが黄色くなってきたので、気になっています。

 




当ブログの記事に共感いただいたら、また読みに来てください。皆様の応援が更新へのモチベーションになりますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m(検索「ミライスタイル -晴耕雨読-」で再訪可能です)