ガンコな焦げに!!IHクッキングヒーターのガラスカバー が焦げた時のお手入れ方法。


 

IHクッキングヒーターの汚れ、焦げ防止の対策をしていますか?

焦げ、汚れ防止グッズとして、カバーが販売されています。

カバーの素材は、主にシリコンタイプとガラスタイプの2種類。

イラストが描かれたかわいいカバーやキッチンが明るくなりそうなカラフルなものまで、いろいろなものがあります(^ ^)

 

 

IHクッキングヒーターは何かでカバーしないと、汚れや焦げがこびりつくと聞いていたので、我が家はガラスのカバーをつけました。

(これを使っています。)

 


 

 

 

シリコンタイプは汚れが付着すると、落とすことが難しいのに対して、

ガラスタイプは汚れても、洗えば綺麗な状態を保ったまま、何年も使うことが出来る、と思ってガラスタイプを選んだのですが、、、。

 

 

 

(汚写真注意!!)

 

 

 

 

imgp3766

焦げました。

 

吹きこぼれたのを放置、そのまま使用していたら、いつのまにか汚れが焼き付いてしまいました。(T_T)

 

油汚れは食器洗い洗剤を使えば簡単に落ちますが、焼き付いてしまった焦げはなかなか取れません。。

 

「焦げは諦めるしかない。。。」

「買い換えるか。。。。」

(T_T)

 

 

ところが、焦げてしまっても、きれいに落とす方法がありました!!

 

 
 
■DIYのログ小屋キットにご興味のある方は、こちらもご覧ください^o^↓

 
 

焦げを落とすのに必要なものは、

アルミホイル

重曹

 

この2つだけです。

img_3692

 

 

まず、ガラスカバーをお湯で濡らします。

 

 

img_3693

そして、重曹をカバー全体にかけて、丸めたアルミホイルで擦ります。

img_3694
(ゴシゴシ。。)

 

この時、一方方向だけに擦るのではなく、斜め方向、横、縦方向、、と擦る方向を時々変えると汚れが落ちやすいです。

 

黒い焦げがどんどん落ちていくのがわかります。

img_3695

 

汚れが落ちなくなってきたと感じたら、お湯で一度汚れを落として、重曹をかけてアルミホイルで擦る、という作業を繰り返してみてください。

アルミホイルも同じ面だけつかうのではなく、違う面をつかうと汚れが落ちやすかったりします。

キッチンの流しの中で作業すると、汚れもそのまま水で流せるので後始末もラクですね。
(今回は写真を撮るために流しの外で行いました。)

 

 

あんなに焦げていたガラスカバーがピカピカに!!(^ ^)

img_3696

焦げを落とすのにかかった時間は20分ほど。

この焦げ落としの方法は、魚焼きグリルの引き出しガラス部分にも使えます。

魚を焼くと、油がはねて焦げやすいですもんね。

 
 
■DIYのログ小屋キットにご興味のある方は、こちらもご覧ください^o^↓

 
 

ずっと気になっていた部分が綺麗になって、スッキリ!(^ ^)

次回からこの方法で、焦げが付いたらすぐにお掃除したいと思います。。。(反省)

綺麗なキッチンだと、お料理も楽しくなりますね!(^-^)

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村

 
 
■DIYのログ小屋キットにご興味のある方は、こちらもご覧ください^o^↓

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA