甘くて栄養たっぷり!干しきんかんの作り方。


 

12~1月ごろが旬のきんかん。

きんかんは古くから喉の痛みを和らげたり、咳止め効果があることで有名ですね。

きんかんのハチミツ漬けや のど飴で、効果を実感したことがある方も多いのではないでしょうか。

 

 

皮ごとたべられるきんかんは、ちょっと口寂しい時に気軽につまめるので食べやすい(^ ^)

掃除の合間に、つまんだり、、、笑(子どもたちには秘密のオヤツ。)

 

 

きんかんは皮ごと食べられるので、ビタミンCをたくさんとることができるんです。

ビタミンCの他にも、ビタミンE、カルシウム、βーカロチン、カリウム、食物繊維  などの成分が豊富に含まれています。

 

これらの成分により、女子に嬉しい美肌効果、疲労回復の他に、ガンや動脈効果を予防したり、風邪を予防する効果があるんだとか。

 

 

[adsense]

 

 

今日、購入したきんかんは40個ほど入っている徳用サイズ(^ ^)

ところどころ青い部分もある きんかんだけど、問題ナシ!

半分は干しきんかんを作って、もう半分はきんかんピールを作ろうと思います。

きんかんピールは、パンやケーキ生地に混ぜ込んでも美味しそうです。。(^ ^)

 

 

干しきんかんは切って干すだけなので、簡単です(^ ^)

 

まずはきんかんのヘタをとります。(指で取れます。)

img_3632

その後、きんかんを5mmほどの厚さにカット、ざるに重ならないように並べて、、、

 

5日ほど干します。(ときどき裏表返してください。)

imgp3634

今週は天気が良さそうなので、干し野菜やドライフルーツを作るのにぴったりですね〜(^ ^)

干しきんかんの食べ方は、シンプルにそのまま食べるのが一番!

干すことで、甘みが増します(^ ^)

 

濱田美里さんの『干し野菜百科』では、干しきんかんをつかった

干しきんかん茶”が紹介されているので、チャレンジしてみようかな♪

 

 

[adsense]

 

これからますます風邪が流行る時期。

干しきんかんを常備して、風邪のひきはじめのセルフケアに。

また、オヤツがわりに食べて、毎日の風邪予防に役立ててみてはいかがでしょうか。

では、今日もありがとうございました。


にほんブログ村

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA